025-374-6796

  • Blog

インフルエンザと風邪

Date: 2018.02.20 Writer: heavid


毎年、寒い季節になると流行するインフルエンザ。
予防接種をしても、インフルエンザウイルスが身体に入り込んできてしまうのは防ぐことができません。

「インフルエンザ」と「風邪」の違いは感染源にあります。
「インフルエンザ」はインフルエンザウイルスへの感染が原因。
「風邪」は主に細菌感染が原因です。

そのため、処方される薬も違います。
「インフルエンザ」は主にワクチン。「風邪」は主に抗生物質が処方されます。
ちなみに、抗生物質は、細菌を殺すための薬の総称です。ですのでウイルスでの効果は期待できません。

 

また、「インフルエンザ」は強い流行性がありますが、「風邪」の流行性はマチマチで、一概にいえないようです。
一般的に「インフルエンザ」は”仕方がない”、「風邪」は”体調管理ができていない”ととらえられる風潮がありますよね。

 

 

インフルエンザは何をおいても「予防」が肝心。

1.ワクチン接種
2.正しい手洗い・うがい
3.体調管理〜十分な睡眠・栄養バランスの良い食事
4.適切な湿度
5.流行時期は人ごみを避ける

一人一人が「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

 

 

 

小松 直子


Category: ダイアリー

ページの先頭へ